グランブルーファンタジー グラブル

なんでも書いてみました。

吐き出す場所がないのでここに吐き出すためのブログ。

デットバイデイライトという神ゲー

PC版スチームでお安くなって1000円だったので、デットバイデイライトというゲームを買いました。ゲームの概要としては、こちら。

ある草原やら病院的な場所に閉じ込められます。

で、そこを逃げ出すために故障している発電機を修理します。

修理している間は、発電機の音がだんだん大きくなり、キラーと呼ばれる殺人鬼を呼び寄せる要因にもなります。途中で、タイミングを要求されるやつがあるのですがそれをミスると、「バンッ!」と大きい音がなる、シビアな面もあります。

で、そういう場合は木の陰やロッカー内に隠れ、やり過ごしたりもします。

 

それで最後は、数ある中から5個の発電機を修理したら、最後に2つのドアに通電し、ドアを開け、そこから脱出したら勝ちというゲームです。

 

ええこれだけのゲームです。ええ。脱出すれば勝ちなだけのゲームですから。

ですが、なぜかこれが凄い面白い。

発電機を修理している際の緊迫感、ロッカーにこもっているときの緊張感、最後にドアを開けて脱出すれば勝ちって言う時に、敵が近づいてくるいやな音。

すげープレッシャーを抱えながらやれるゲームなのです。というか、常にドキドキしながらプレイできるゲームです。

ボイスチャッとはありません。信じるのは自分のみ。

ときには助けてほしいときに脱出されたり、脱出したり、仲間と協力していたのに、最後に裏切るなどと戦略性もあり、宣伝を依頼されたかのような絶賛っぷりですが、本当に楽しいのです!!!!!!!!

 

で、何がいいのかというと。ゲーム中にチャットができないので、煽られることが本当にない。動作によって煽っているのかもしれないですが、そんなのどうでもいいです。

今までオーバーウォッチはクソ面白いと思えたゲームだけど、煽られるときは本当に腹が立って仕方なかったのです。でもこのゲーム、ないよねーーーーー